「ロゲイン」よりも『ポラリスNR08』

「ロゲイン」よりも『ポラリスNR08』

効果ナシのロゲイン

私がロゲインを使うようになった理由は「前頭部と頭頂部」の薄毛・脱毛が原因。
前頭部が原因でロゲイン
ネットで調べたときに口コミで人気だったので、約1年ほど使ってみました。
・・・・でも、全く効果なくて。

 

頭皮の炎症

最初は、オデコ部分から産毛らしき毛が生えてきました。

っが、すぐに抜け「効果ナシ」。

 

それから、副作用の影響か?「頭皮のカユミ・フケ」が出て、
炎症まで起こしていました。
しかも、他に比べ炎症部分が薄毛になっていたんです・・・。

 

これは「ヤバイっ」と思い乗り換えたのが『ポラリスNR-08』。
私がロゲインから「ポラリスNR08」に乗り換えた理由

 

「カユミ・フケ・炎症」の原因は?

プロピレングリコール

そもそも、私の大切な頭皮に炎症が起きているのは、「プロピレングリコール」という成分がロゲイン含まれているからです。

 

これは、ロゲインだけに言えることではないのですが、プロピレングリコールは製品を安定化させるため、防腐剤香料を抽出するために利用されています。

 

この成分が私達の大切な頭皮に刺激を与えるため、「カユミ・フケ・炎症」などの負担をかけてくるわけです。
つまり、どんなに血行促進の効果があろうとも、「頭皮ケア・維持」がなければ意味がありません。

 

ポラリスNR-08は?

 

私がポラリスNR-08を選んだ理由として、「プロピレングリコール」などの刺激成分を極力抑えている所
カユミ・フケ・炎症などの頭皮への負担を考え、アレルギー反応などが起こりにくくしてくれる

 

ロゲインかポラリスNR-08に乗り換えた最大の理由

ロゲインと違う3種類の成分

ポラリス

私は「前頭部と頭頂部」の薄毛・脱毛の悩みから、ロゲインを約1年ほど利用していました。

っが、私の「知識の甘さ」でした。

 

ロゲインであるミノキシジル5%の効果は「頭頂部」の発毛・育毛にしか効果が無いとのこと。それに対し、「前頭部頭頂部」に効果を発揮してくれるのが『ポラリスNR08』なんですね。

 

ロゲインに比べ「効果の違い、特別な成分が3種類」含まれています。

 

ミノキシジル7%

 

ロゲインが前頭部に対し効果が無いのは成分の薄さ。

成分容量

   ロゲイン:ミノキシジル 5%   |  ポラリスNR08:ミノキシジル 7%

 

たった「2%」の差ですが、効果は全然違うそうです。

 

りんごポリフェノール

 

私がロゲインから「ポラリスNR08」に乗り換えた理由

ミノキシジルの他に「りんごポリフェノール」が含まれています。これは「プロアントシアニジン」の一種。

 

効果として、毛母細胞を増加させ、発毛を促進させる効能があり、その他にも、乱れたヘアサイクルを正常化させる働きが期待できます。

 

チェック

富山医科薬科大学の実験によると、プロアントシアニジンを投与した実験者の約71%に毛髪密度の増加が見られたそうです。

 

アゼライン酸

 

私がロゲインから「ポラリスNR08」に乗り換えた理由

アゼライン酸はジカルボン酸の一種で小麦やライ麦、大麦などの穀物に含まれています。

 

アゼライン酸がどうしてポラリスの育毛剤成分に配合されているかというと、AGA(男性型脱毛症)の原因である「U型5αリダクターゼ」の活動を抑制する働きがあるからです。

 

アゼライン酸の成分が、男性ホルモンであるU型5α-リダクターゼを抑制し、AGAの原因である抜け毛の要素を根本から解消してくれます。

 

ロゲインよりポラリスNR08のポイントロゲインよりもポラリスNR-08

 

ポラリスNR-08が「前頭部にも頭頂部」にも確かな効果を生みだしてくれるのは、ミノキシジル7%で発毛・育毛を促進し、りんごポリフェノールで毛母細胞の増加やヘアサイクルの正常化、そしてアゼライン酸で脱毛を根元から防止してくれる。

 

ロゲインを利用して効果を感じていない人に『ポラリスNR-08』がオススメです◎◎◎

私がロゲインから「ポラリスNR08」に乗り換えた理由

 

ポラリスNR08の販売店

容 量 価 格 配 送 オオサカ堂

 

 

60ml (約1ヵ月分)

 
 
送料無料

 
 
4,500円   ⇒ 3,330円

nr08