抜け毛や脱毛の要因とは?

髪の育毛・発毛、脱毛防止

頭皮の血の流れが悪くんあると髪は栄養不足になると言われています。体の一部になる毛髪。発毛も脱毛も全身の健康状態、中でも血流と深うか変わっています。どんな関係があるのか?

 

血液の流れに注目

頭皮の中にある「毛髪と血液」には大切な関係があるといわれます。
やはり大切な部分としては髪には栄養が無ければ育ちません。ヘアサイクルも乱れ細い毛になりすぐに抜けてし

 

その髪に対して大切な栄養を運ぶのが血液です。
体が健康なら、血流が体の隅々にまで働き、「毛乳頭や毛母」にも十分な栄養を運んでくれます。逆に、血液の流れを阻害する要因が重なければ、成長しきれずに脱毛や薄毛の元となります。

 

血流の調子により「脱毛・薄毛 or 発毛・育毛」の大きな要因につながります。

 

ミノキシジルで血流を育てる

どうして、ポラリスNR08の成分であるミノキシジルがアメリカのFDAや日本でもAGA(男性型脱毛症)として許可されているのかというと、頭皮の血管を拡張し血流を促進させるからです。この作用として毛根の血流が促進され、育毛発毛効果を発揮してくれるからね。

 

薄毛や脱毛の要因として上げられるのが「ストレスやタバコ」。交感神経を刺激されることで頭皮に流れている血管が縮小し狭い毛細血管の為に髪の毛の成長が止まりヘアサイクルの乱れで細い段階で抜けてしまいます。これは男女を問わず、血流を悪化しやすくなります。

 

それをカバーしてくれるのミノキシジルの効果になります。

 

アゼライン酸で男性ホルモンを抑制

5αリダクターゼ

頭皮の血流の他に抜け毛の容認になるのが男性ホルモンの乱れ。

テストテロンよ呼ばれる男性ホルモンの成分が、毛乳頭に存在するU型5αリダクターゼ(酵素)と結びつくことで、デヒドロテストテロン(DHT)に変わります。テストテロンの10倍〜100倍の強さがあると言われます。

 

ジヒドロテストテロンが毛根に作用すると、刺激が強すぎて毛乳頭を弱めてけ毛抜けてしまう訳です。男性の場合、ホルモンの分泌量は酵素の量の違いが、薄毛の起こりやすさを左右する一因。

 

ポラリスNR08の特徴として、ミノキシジル7%の他に「U型5αリダクターゼ」を抑制させる「アゼライン酸」も配合しています。
つまり、ポラリスNR08は育毛・発毛、そして脱毛防止の効果を発揮してくれます。